天邪鬼(あまのじゃく)

名前こそおなじみの存在だが、その歴史は古く、仏教界では人の煩悩を表す小鬼とされている。日本の妖怪伝承では「人の声真似をする」とされている地方が多いが、巨大な鬼として山を一夜にして拵えてしまったなどの逸話も残されており、土地土地によってその存在の意味は様々。この点でも“あまのじゃく”な存在と言えるかもしれない。
言葉としては先に挙げた仏教界での位置づけや“人の声真似”などが転じて成立したと考えられている。

amanojyaku.jpg
仏教における「天邪鬼」。煩悩を踏みつけられている様とされている

この記事へのコメント